通勤時間帯の電車の混雑というのは仕方のないものだと思っています。

多くの人が会社の始業時間に間に合うようにと、同じ時間帯に動いているわけです。

電車の本数を増やして混雑率を緩和しても、きっと追い付かないような状態になってしまっているのでしょう。

ただ、混雑している電車というのは、他の利用者のマナー次第で、乗っているときのストレスがだいぶ違うものだと思います。

例えば、身動きできない車内で香水くさい人がいたり、迷惑な人といっしょの車両になってしまったときの疲労感はたまったものではありません。

先日も、仕事の帰りにいつも通りの電車に乗ろうとしたのですが、入り口付近の人が全然奥に詰めてくれないということがありました。

これから電車に乗る人が奥に行くためには、たくさんの人を掻き分けるように進まなければならないし、先にいる人が詰めてくれた方が乗り降りがスムーズですよね。

それなのに、どうして奥に詰めてくれないんだろうと、ちょっと不思議に思ってしまいます。キャッシング おすすめ