社会人として厳しい現実が目の前に現れています

社会人として働く中で、様々思うことは多々あります。
給料の面にしても休日がないにしても、人間関係にしても人それぞれ思うことはあるとは思いますが、私が思うのは給料の安さと休みが少ないことです。
職についているのになにを贅沢なと思う方もいらっしゃるとは思いますが、それでもプレミアムフライデーの話を聞いたり、連休の話を聞くと
なぜうちの会社にはそれがないのだろうかと思うわけです。
休んでいる会社がある中で働いているのに、その人よりも給料は少ないのかと思うとなんだか辛くもなります。
有給が自由に取れるのはありがたいのですが、そもそも有給は自由にとっていいものです。
どの会社も量の休日と給料であれと願うことは多々あります。
しかしそんなことなんてあるわけもなく、ただ毎日を過ごしているわけです。
人間関係に問題がないのが攻めてもの救いなのかもしれないのですが。海外の方がおっしゃるように日本人は少々働きすぎなような気もしないでもないような。ミュゼ うなじ