まだこんな場所があった!ペルーの首都リマにいらっしゃる恥の困難

ペルーの大統領選挙の材料をTVでやっていました。その中でフジモリ代替えを応援しておるという分野が映し出されました。首都リマにある分野でした。万里の長城のように見えました。これが『恥の困難』と呼ばれる10kmに貫く大きい困難でした。困難に寄り添うようにテント村のような集落が固まっていました。
こういう困難は、奴隷と大金持ちが隣接する分野において、大金持ち立場が奴隷のユーザーがきて悪業を起こされたくない為に造った困難だということでした。つまり大金持ち側に侵入してくるな!という困難なのです。
著しいパノラマだ。こういう現代社会にこんな分野がしれっと存在しているのです。その奴隷分野を初めて訪問したのが大統領が前フジモリ大統領だと指す。そのために子どものフジモリ代替えに見込をしいるのだということでした。
ペルーといえば世界遺産がありお出かけの各国という質感が激しくあります。また治安も意外といいいい各国だと思っていましたが、いわば世の中了承で首都にこうした困難があるとは驚きです。
平和な日本に暮らしていると環境には未だ知られざる分野があるんだなあと考えさせられた一年中でした。キレイモ 全身脱毛