ときどき忘れられてしまうコメダ珈琲店の豆菓子

私はコメダ珈琲店が好きでよく行くのだが、コメダ珈琲店と言えば、ドリンクについてくる豆菓子が有名ですよね。
初めて知ったときには、「え、コーヒーに豆菓子?」と思ったのだが、そう感じるのは私だけではないと思います。
しかし、頻繁に通うようになればなるほど、その違和感は消えていき、当たり前のものとして受け入れるようになります。
ただ、ときどき店員さんのうっかりなのか、それとも新人さんが緊張していたりするのか、豆菓子を忘れられてしまうこともあったりするんですよね。
先日、買い物の足休めで立ち寄ったときに、豆菓子を忘れられてしまいました。
「豆菓子はつきますか?」と聞いて、はっと気が付いたように「申し訳ありません」と急ぎ足で持ってきてくれました。
たかだか一個10円の豆菓子に執着するのもどうかと思うのだが、やはりこれがないと物足りない感じになってしまいます。
そういえば、あの豆菓子というのは、どういう経緯で飲み物につくようになったのでしょうか。
最初からついていたわけではないと思うし、いつ頃から定着するようになったのか、ちょっと気になったりします。http://www.infotrg.org/